忍者ブログ
とあるロードバイク乗りのブログのようです
[90]  [88]  [87]  [85]  [84]  [83]  [82]  [80]  [79]  [78]  [77
Tue 25 , 01:43:39
2017/07
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Mon 30 , 23:58:51
2007/04

4月28~30日の間、実家に帰ってきました。
一昨日の昼、いつものように目を覚まし、それから帰る準備をしたので
出発は2時ごろ。帰るときくらい早起きしろ自分(^_^;)

帰ってから甥っ子にいじくられたり、親に追求されるのが怖いので
ホイールはアクシウムに付け替えておくw

それはともかくいざ出発。
ロードレーサーを購入しておよそ半年。初の自走による帰省。
地図は例によってネットで確認しただけ。国道に出てとにかく真っ直ぐ! 以上!!

梅田までは前のバイトのころから知っている千回単位で通った道。さっくり通り過ぎる。
梅田駅を通り過ぎると、そこからが未知の世界。
一度もきたことがないものの、とにかく一本道というのを信じて何も考えずにひたすら漕ぐ。

mido-suji.jpg

御堂筋のどこか(^_^;) 信号で止まっている間に撮影。
こんなでかい道がまるまる一方通行だという事実をこの年になって初めて知った。
申し訳程度の並木ながら、無いよりははるかにマシ。
市内に限らずもっと緑化してほしいところですね。

堺付近でまさかの通り雨。前方に雲の切れ間が見れるので
すぐに止むだろうとなるべく急ぐ。
危ないというよりも、自転車が傷むほうが心配なので、
思い切り覆い被さってレーサーポジションで走る。

雨も止み、しばらく走るとウエパー前。
反対車線なので横目で眺めるだけで通り過ぎる。
その後もひたすらにまっすぐ。
若干不安を覚えたが、信号で止まって隣の通りを見ると
南海電鉄の架線が見えていた。全然問題ないやんw

ふとサイコンを見てみると、なんとAve26.7km/h!
壊れたのかとも思ったが、どうもそうではないらしい。
そんな勢いで走ってた・・・。信号に幾度と無く止められて、
加減速を繰り返すので、Aveでこの数値を出そうと思ったら
実質巡航速度は36~40km/hになる。
車のスピードにつられたか、あるいはゴールデン・ウィークに浮かれて、
頭のネジの1、2本外れてしまったのか?w

kishiwada_jo.jpg

 岸和田城前(というか後ろ)にて。ロードレーサーの上にちっちゃく見えるのが本丸w
ここからしばらく走り、泉佐野を越えるといきなり田舎でございとばかりに道が狭くなる。
少し車に気をつけながら進んでいくと、ほんとによく知った実家の近くの道に出ました。
付いてみれば70kmどころか60kmもギリギリながらなかった。
実走してみると意外と近いものでした。

人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。よろしければ押していってください。

PR
COMMENT
name:
title:
color:
mail:
url:
comment:
pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

[secret_check]
最初は・・・
一本道って退屈だろうな~なんておもいましたが、気持ちよさそうですね^^
おじ URL 2007/05/01(Tue)17:33:14 edit
Re:最初は・・・
それが初めて行くところなら、一本道でもなかなかのモンですよw

ほんとはまだ不思議なところとかあったんですが、
思わず勢いで走り抜けてしまったので、次回以降があれば
そのへんも紹介していきたいです。
【2007/05/02 01:51/輪忍 】
TRACKBACK
Trackback:
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[11/13 NEX-5]
[10/01 ヒロ]
[09/27 あんのゆう]
[09/07 ヒロ]
[09/03 あんのゆう]
フリーエリア
プロフィール
HN:
輪忍
性別:
男性
趣味:
ロードバイク
自己紹介:
脅威のワシっ鼻で風を切る初心者ライダー(うそ)。前から見ると↓らしい。
フリーエリア
Firefox ブラウザ無料ダウンロード



Firefox3 Meter

Chrome Counter
最新トラックバック
最古記事
(09/24)
(09/25)
(09/29)
(10/01)
(10/02)
バーコード
疾る! (c)輪忍
template design by nyao
忍者ブログ [PR]